一般社団法人 Marriage For All Japan -結婚の自由をすべての人に-
東京都
プロボノワーカー
支援内容
イベントチラシ・ポスター制作
スキル
デザイナー/広報
募集期限
2020年05月31日 (日)
団体概要
一般社団法人 Marriage For All Japan -結婚の自由をすべての人に- について

私たちは、結婚の自由をすべての人に保障するための訴訟、立法その他法的活動を支援し、もって、すべての人が、そのセクシュアリティ(性のあり方)にかかわらず、個人として尊重され、自分らしく生きることができる社会の実現へ向けて、広く一般市民や企業に対して、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)にかかる理解を促進するための社会教育事業及び啓発活動を行います。

同性婚の法制化を実現するため,大きく以下の3つの活動を行っています。
①同性婚訴訟(「結婚の自由をすべての人に」訴訟)の支援(弁護団との連携,裁判期日報告会など)
②国政への働きかけ(院内集会の開催,ロビイングなど)
③市民・企業の意識喚起(イベント,セミナー,情報発信など)

活動目標
同性婚の法制化を実現

すべての人が、そのセクシュアリティ(性のあり方)にかかわらず、個人として尊重され、自分らしく生きることができる社会の実現へ向けて、広く一般市民や企業に対して、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)にかかる理解を促進するための社会教育事業及び啓発活動を行い、同性婚(婚姻の平等)の実現を目指します。

希望する支援内容
イベントチラシ・ポスター制作

プロボノワーカーとして、情報発信支援に関してご協力いただける方を募集しています。
イベントチラシ・ポスター制作等に関する支援をお願い致します。Marriage For All Japan(マリフォー)が運営するいくつかのチームプロジェクトと連携し、同性婚に関心を持っていただける方を一人でも増やすことを目的とします。私たちのニーズを把握したうえで、課題点を十分に整理し、改善策を含めた提案も合わせてお願い致します。

こんな人に
結婚の自由をすべての人に

近年、同性カップルの公的な家族として認めるパートナーシップの認証制度が多くの自治体で広がってきており、国レベルの同性カップルの法的保障についても議論が少しずつ進み始めています。世界では現在、27カ国で同性婚が認められていますが、主要先進国 G7の中で、日本には、法律上の性別が同じカップルが結婚できるための法律がいまだにありません。これは、憲法で守られるべき個人の尊厳を侵害し、平等にも違反するという重要な人権侵害にあたります。そこで、日本に生活する同性カップル十数組が、結婚できる社会にするために声をあげ、同性カップルが結婚できないことは憲法違反であると裁判所に判断してもらうため、訴訟を起こしました。私達は、この「結婚の自由をすべての人に」訴訟を全面的にサポートするほか,イベントやセミナー、メディア出演、調査研究、ロビイングなどを通じて、同性婚(婚姻の平等)の実現を目指します。

もっと詳しく
ホームページ http://marriageforall.jp
SNS
関連情報
活動場所
特になし
希望する活動時間帯
月~金曜日(イベント時など休日業務あり)
交通費
なし
報酬等
なし
その他
【必要条件】ワード・エクセル・パワーポイント・メール等の基本的なPCスキル 【あると望ましいスキル・経験】経理・英語力・NPO等でのインターン
プロジェクトにエントリーする