スクエアステップ&元気アップ体操教室
南エリア
ボランティア
オンライン
支援内容
会場前に飾る看板づくり
スキル
グラフィックデザイン・美術
募集期限
2022年03月31日 (木)
団体概要
スクエアステップ&元気アップ体操教室 について

超高齢社会となり、今後も増加していく中で、高齢者が住み慣れた地域でいつまでも生き生きと暮らせるように介護予防に取り組むことは大事だと考えられています。高齢者の方は膝・腰に痛みを抱えている人も多く、遠くまで移動するのが大変になってこられている方も多いです。そのため、高齢者が住む身近な場所で介護予防の場所を作っていき、地域住民一人ひとりに介護予防の大切さを知ってもらい、継続的に介護予防の集まりに参加してもらえるような場所づくりをしています。

【教室概要】
・日時:第2,4土曜 14:00~15:30
・場所:南大成町集会所
・内容:スクエアステップ(四角いマスのシート(縦10×横4)を使い、ステップの順番を覚えて実際に踏んでいく方法で、転倒予防、認知機能向上、体力づくりに効果的です。)
ねやがわ元気アップ体操(寝屋川市が推進しているご当地体操で、椅子に座っても行える体操です)

【現在の運営について】
地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい生活を送るために、支援を行っている介護予防や地域の総合的な相談の拠点です。寝屋川市では各中学校区ごとに地域包括支援センターが配置されており、第七中学校区地域包括支援センターは南・堀溝小学校区、中木田中学校区地域包括支援センターは木田・楠根小学校区を担当しています。現在は地域包括支援センターが運営していますが、ゆくゆくは地域住民主体で行っていけるように支援していきたいと考えています。

活動目標
身近な場所での居場所づくり

・運動機能向上と認知症予防の両方を必要としている方たちが参加できるような機会をつくる。
・介護サービスから卒業後の受け皿の一つとして機能させていきたい。
・参加者同士が困りごとを話し合い、助け合う、互助の機能を有したい。
・現在は地域包括支援センターが運営していますが、ゆくゆくは地域住民が担い手となることができるようにしていきたい。

希望する支援内容
会場前に飾る看板づくり

ボランティアとして、会場前に飾る看板づくりに関してご協力いただける方を募集しています。
会場が入り組んでおり、入り口を閉めてしまうと何を行っているのかわかりにくい場所です。チラシでの啓発活動を継続しながら、会場の入り口に看板を設置することでわかりやすくしたいです。通りすがりの方が5秒見ただけで参加意欲が湧くような看板を作りたいです。そうすることによって地域住民への周知・参加者の増加を期待しています。

こんな人に
あらゆる世代でもわかりやすい、インパクトのある看板づくりが得意な方

教室の参加者増加のためには看板づくりが不可欠になっています。
看板づくりを通して地域活動の活性化に興味があり、子供でも高齢者でもわかりやすい、インパクトのある看板づくりが得意な方一緒に活動しませんか?
尚、看板やチラシ作りの経験は特に問いません!

活動場所
南大成町集会所
希望する活動時間帯
平日 9:00~17:30の間でご相談させてください。
交通費
なし
報酬等
なし
プロジェクトにエントリーする
推薦メッセージ
頭を使って身体を動かす教室の参加者を増やす看板づくりにぜひご参加ください!

「スクエアステップ」というのは聞き慣れないかもしれませんが、マスの踏み方や踏む順番を覚えながら身体を動かすことで転倒予防や認知機能を高める効果があると聞いています。参加者同士でも楽しく教え合いながら取り組んでいる様子です。
会場の自治会館の前は人通りはあるのですが、外からは見えづらい建物になっているので、看板をみた地域の方が気軽に参加してもらえることにつながることができたらと思います!
ちなみに看板づくりに必要な材料費等は参加される方のご負担はないと聞いています。

(丸山喜暉)
ねやまるの会
社会福祉法人 寝屋川市社会福祉協議会