公益財団法人東京YWCA
東京都
プロボノワーカー
支援内容
ファンドレイジングについて一緒に考え動いてくれる人、お待ちしています!
スキル
営業/マーケティング/ファンドレイザー
募集期限
2020年07月16日 (木)
団体概要
公益財団法人東京YWCA について

YWCA(ワイ・ダブリュー・シー・エー/Young Women's Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。1855年英国で始まり、今では日本を含む120あまりの国と地域で、約2,500万人の女性たちが活動しています。日本では、1905年に日本YWCAが創設され、東京YWCAも地域YWCAの一つで、1905年に設立されています。キリスト教の基盤に立ち、青少年と女性にフォーカスし、人権・健康・環境が守られる平和な世界を実現することを目的に、現在は大きく分けて4つの公益事業(平和と人権事業、青少年育成事業、女性の健康事業、社会福祉事業)を行っています。活動内容が多義にわたっているので、詳細はホームページをご覧ください。活動の拠点は、東京YWCA会館(御茶ノ水)、武蔵野センター(吉祥寺)、国領センター(国領)、板橋センター(志村三丁目)の4か所があります。

活動目標
支え合いの輪、支援の輪を広げていくために

DV(ドメスティック・バイオレンス)をはじめ暴力の問題は根深く、この社会から「暴力をなくす」ことは簡単なことではありません。しかし暴力の被害に遭ってしまった人が適切な支援を受けることによって、被害経験をも生きる力に変えて回復していく姿はとても力強いもので、人間の可能性を感じずにはいられません。私たちはDVを経験した人を「被害者」ではなく、試練の中で生き延びている力強さを表す「サバイバー」という言葉で表現しています。サバイバーが本来持つ力を発揮し自分の人生を取り戻していくために、私たちはサバイバーの思いや希望を中心においた「サバイバー主導の支援」を研修を通じて普及しています。また、これらの支援を実践することができるように、支援者自身も孤立せずに支え合って支援を続けることができるようなネットワーク作りを行っています。

希望する支援内容
ファンドレイジングについて一緒に考え動いてくれる人、お待ちしています!

プロボノワーカーとして、ファンドレイジングについて一緒に考え動いてくれる人を募集しています。
お金を集めるというと、私たちは「チャリティーコンサート等のイベント」や「バザー」という発想についついなってしまいます。しかし新型コロナウィルスの影響でそれらの実施が難しい今こそ、これまでの発想を転換するチャンスだと思っています。ファンドレイジングの幅を広げ新しいことにチャレンジする機会として、一緒に考え、取り組んでくださる方を募集します。目標寄付額は60万円です。

こんな人に
暴力のない社会をめざして

新型コロナウィルスの感染拡大にともない外出自粛が要請されましたが、DV(ドメスティック・バイオレンス)や児童虐待など「ホーム」が安全ではない家庭も多いのがこの社会の現状です。これらの問題に関心があり、少しでも社会から暴力をなくしていきたいという思いのある方に応募していただけると嬉しいです。

もっと詳しく
ホームページ https://www.tokyo.ywca.or.jp/
活動場所
東京YWCA会館(御茶ノ水)
希望する活動時間帯
月・火・木・金10:00~21:00
交通費
なし
報酬等
なし
費用の負担
ボランティア保険(年間300円)
プロジェクトにエントリーする