公益社団法人 子どもの発達科学研究所
中部
プロボノワーカー
オンライン
有償
支援内容
子育てや教育にまつわる英語文献等の翻訳
スキル
外国語翻訳
募集期限
2021年02月28日 (日)
団体概要
公益社団法人 子どもの発達科学研究所 について

「子育て」について学んだことはありますか?それは本当に信頼できる内容でしょうか。日本の子育ては多くの場合、親自身が子どもの頃に育てられた経験や記憶をもとに行われています。一方欧米では、「子育て」は重要な研究対象であり、その研究成果が子どもたちの教育環境の整備などに活かされています。
当研究所は「子育てに科学を」をモットーに、日本でも科学的根拠に基づいたカリキュラムや教材、情報などを子どもたちの成育環境に活用できるよう、研究事業の推進とその成果の普及を目的として設立されました。教育関係者や支援者、保護者の方向けの講座のほか、学校や地方自治体、その他法人からの依頼による調査研究やコンサルティングなどを行っています。

活動目標
日本をもっと子育て上手にしたい。

「みんな昔は子どもでした」と、言ってしまうと実に当たり前のことなのですが、今、日本の子育て環境はどうでしょう。様々な社会課題の中で、優先順位は実際問題どうなっているでしょうか。
今の子どもたちは未来の私たちです。親や教員、支援者はもちろんですが、そうした立場の如何に関わらず、誰もが子どもたちの成長にサポーティブな社会風土へ、きっと変えていくことができると信じ、私たちは活動しています。

希望する支援内容
子育てや教育にまつわる英語文献等の翻訳

プロボノワーカーとして、子育てや教育にまつわる英語文献等の翻訳に関してご協力いただける方を募集しています。
海外発信の最新論文や調査レポートなど、当研究所では常時多くの翻訳作業が発生します。OECDが「科学的根拠のある“世界5大幼児教育カリキュラム”」の1つとして紹介している幼児教育プログラムの国内導入推進も行っており、関連ドキュメントや教材のローカライズなどは、子育てに興味のある方には特に人気の作業です。
従来、当研究所の研究員が行ってきたことではありますが、研究成果の社会実装促進のためにもスピードアップを図るべくプロジェクトを立ち上げました。内容やボリューム等を考慮した原文の選別など、詳細はご相談の上で調整&合意できればと思っております。

こんな人に
最先端の幼児教育や、科学的子育ての情報に触れることができます。

「子どもたちの多様な個性を大切にしたい」
「誰もがのびのびと成長できるような社会を作りたい」
当研究所では、研究員やマネージャーはもちろん、事務員含めた職員全員が、研究成果の社会実装を目指して真剣に悩み、考え、日々奮闘しております。
今回募集するお仕事では、作業を進めて頂きながら、最先端の幼児教育や科学的な子育ての情報に触れることができます。
発達障害児支援、英才児教育といったカテゴリーを超越した、すべての子どもたちとその保護者や支援者のための社会事業です。共感していただける方、積極的にご提案頂ける方など大歓迎です。どうぞお力をお貸しください。

もっと詳しく
ホームページ http://kodomolove.org/
SNS
関連情報
活動場所
不定(リモート歓迎)
希望する活動時間帯
不定、応相談
交通費
あり 【 実費ベース 】
報酬等
あり 【 詳細ご相談の上で決定 】
その他
ご要望にもよりますが、弊所主催のセミナーに無料でご招待させていただく等の御礼の方法も考えております。
プロジェクト進行中です
田中
100%
2月17日
キックオフミーティング 研究所の活動についてを実施しました。
4月7日
進行確認ミーティング(第1回)を実施しました。
5月18日
進行確認ミーティング(第2回)を実施しました。
6月22日
翻訳のフィードバックと今後についてを実施しました。
参加者の声
KC
さん
偶然、別件でご縁があったのでスムーズにコミュニケーションを始めることができました。検討中のアイディア資料や教材など機動的にご提供いただけましたので、目標・目的の共有や取組み課題の理解が早期に進みました。支援過程で色々なコンテンツにも触れさせていただき、こちらも大変勉強になりました。本業・プロボノ含め今後の活動の糧としていきたいです。 短期間でしたが、お互いに具体的なベネフィットのある濃密なプロジェクトだったと考えています。ソリューションの実装はむしろこれからだと思いますので、また是非よろしくお願いします!
参加者
KC
さん
プロジェクト
Webサイト制作
期間
2021年2月19日 〜
2021年4月10日
気づきが得られた!!
時間を守ってくれた
アイデアが豊富
知識・専門性が豊富
”一緒にやってる感”があった
コミュニケーションが取りやすい
和気あいあいと楽しい雰囲気!!
困難な社会課題にチャレンジしている