都市型介護予防モデル
松戸プロジェクト

地域活動への参加で健康寿命を延ばす
全国に先駆けた科学的研究プロジェクトです

ハーブガーデンからふみ出そう!
本庁地区
プロボノワーカー
代表の団体運営業務の可視化
営業/マーケティング・総務/経理・プロジェクト管理
募集期間
2019年10月25日 〜 12月11日 (水)
ハーブガーデンからふみ出そう! について

介護予防と健康寿命の延伸を目的に、自宅の庭(ハーブガーデン)を提供し、主として、以下のような活動を行っています。
【通常活動】水やり等植物の世話や茶話会(基本、毎月第2&4日曜)
【通常コラボ活動】メディカルウォーキング(毎月第4水曜)、ピンポン&映画鑑賞(毎月第3土曜)
【特別活動】近隣地区へのガーデン散歩(適時)、地元自治会の祭りや文化祭参加(自治会の年間予定に従って)
その他の活動もコンサート、医療・介護の講演はじめ医療関係者との連携活動等少しずつ増やしています。

また、当団体のすぐ向かい側には、地元の「岩瀬住吉公園」と「岩瀬自治会集会所」があります。その自治会集会所に管理人として住む千葉大大学院園芸学研究科の学生達や、自治会「アスケん」(アフタースクール研究会)で子育て奮闘中の住民達と連携した活動も行っています。

〒271-0076
千葉県松戸市岩瀬22
代表 鈴木孝恵

希望する支援内容について

プロボノワーカーとして、代表の団体運営業務の可視化に関してご協力いただける方を募集しています。
この活動を長期的に充実させていくために、現在は鈴木代表一人に集中している運営業務の一部をコアメンバーに業務分担してもらう必要があります。
そのために代表の鈴木の業務をヒアリングして業務概要と月の所要時間数にまとめた業務一覧表を作成いただきたいです。また、可能であれば5~8名のコアメンバーにそれぞれ役職を付けて名刺を作成する際に相談相手となっていただき、アドバイスをいただけると助かります。
もし名刺作成までが可能となるならば、名刺のイラストなどデザインや印刷は自分たちでできますが、そこに団体の活動が個人の趣味的なレベルでなく、社会に役立つ活動をしていることをさり気無く伝え、シニアの参加者達が、自分はまだ役に立つという誇りが持てるようにするための伝え方へのアイデア(ヒントだけでも)をいただきたいと思います。
なお、プロボノ活動は個人の活動可能な日時で結構です。

交通費 あり 【 プロジェクト期間を通じて合計3,000円を上限に、事務局より交通費実費を精算させていただきます。 】
報酬等 なし